CFDで資産運用 VIX指数

【CFD】米国VIブル2倍ETF[UVXY]はやっぱりすごい!

投稿日:

米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力でも書きましたが、やはりこのCFDは順調に利益を生み出してくれています。

本日(2017/9/15)時点での、米国VIブル2倍CFDの状況

下記が2017/7/15に売りポジションを持った米国VIブル2倍ETFでの運用結果です。

証拠金は任意証拠金も含めて15万弱(ロスカットレートを56に設定)で、現在、約50000円の利益になっています。

たった2ヶ月で、約27%の利益率をたたき出しています。

 

「売り」から入ることで、これほどすごい利益が得られる米国VIブル2倍ETFなのですが、唯一の欠点は、頻繁に「売り規制」がかかってしまうので、なかなか売りポジションを持てないことです。

つまり、売りで儲かることが分かっているので、規制がかかってしまうほどすごい銘柄ということも出来ますね。

2017/9/7から規制がかかっていましたが、ところが本日(2017/9/17)現在、売り規制が解除されています。

来週は、再び売り規制がかかってしまうかもしれませんが、売り注文を入れるチャンスかもしれません。

米国VIブル2倍CFDの危険性

売りで持っていれば、長期的には必ず儲かるはずの米国VIブル2倍CFDですが、リーマンショックの際には、価格が20倍に跳ね上がりましたので、フルレバレッジでの全力投資は危険です。

本ブログのテーマである心穏やかに投資を楽しむためには、十分に証拠金を入れて実効レバレッジを下げておく必要があります。

米国VIブル2倍CFDを取引するには

「米国VIブル2倍ETFをCFD」で取引できる証券会社は、GMOクリック証券だけです。

詳しくは、GMOクリック証券の公式サイトをチェックしてみて下さい。

情報源としては、こちらも参考になります。

【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

【CFD】安定して年利30%が狙えるVIX指数売りの魅力

【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

【CFD】株価指数CFDの利回りをFXと比較してみた

おすすめ記事一覧

1
【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

この記事の目次1 FTSE100とは?2 イギリスはやばくないのか3 どうしてFTSE100なのか4 FTSE100の構成銘柄5 投資する金融商品は?6 安全な運用6.1 過去最安値まで下落しても大丈 ...

2
【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

この記事の目次1 米国VIブル2倍CFDの魅力2 VIX指数とは3 米国VIブル2倍CFDはなぜ下がり続けるのか?3.1 レバレッジETFの特徴(レバレッジ減価)3.2 先物は次第に価格が下落(コンタ ...

3
【CFD】原油CFDの魅力

原油CFDとは、WTI原油先物を取引できるCFDのことです。 WTI(West Texas Intermediate)とは、西テキサス地方の中質原油という意味で、このあたりの原油は硫黄分の含有量が少な ...

4
【CFD】株価指数CFDの利回りをFXと比較してみた

この記事の目次1 株価指数CFDの利回り2 FXとの比較3 まとめ ダイヤモンド社のザイFX!でも紹介されていますが、株価指数CFDはどの程度儲かるのでしょうか? クロス円通貨でいうとどのあたりの通貨 ...

5
【FX】トラリピ業者はどこを選ぶ?

この記事の目次1 マネースクウェア・ジャパン「トラップリピートイフダン®」1.1 株価指数もトラリピ可能2 マネーパートナーズ「連続予約注文」3 インヴァスト証券「トライオートFX」4 外為オンライン ...

-CFDで資産運用, VIX指数

Copyright© のんびりFX研究室 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.