FXで資産運用 スワップ運用 トラリピにおすすめのFX業者

【FX】マネーパートナーズFX nanoがトルコリラ/メキシコペソの取扱い開始!

投稿日:2017/7/16 更新日:

マネーパートナーズのPFX nanoは100通貨という少額の証拠金から取引できますので、

  • 小さな取引からスタートしたい初心者の方
  • FXの利益を元手に複利運用する方
  • トラップリピート(トラリピ)的なFX運用を行う方

などに人気の会社です。私も、連続予約注文機能をフル活用してFXでの資産運用を行っています。

そのマネーパートナーズが、2017年7月17日から、PFX nanoでトルコリラ/円、メキシコペソ/円の取り扱いを開始しました。

PFX nanoでは、トルコリラ/円は最低140円から取引でき、1万通貨あたり103円/日の高額スワップポイント、スプレッドは業界最低水準の1.9銭(10時~翌日4時)と、かなり攻めたサービス内容になっています。

メキシコペソ/円にいたっては、最低100円の証拠金から取引が出来ます。2017年7月16日時点では、メキシコペソ/円のスワップポイントは明らかにされていませんが、政策金利は7%なので、高額スワップが期待できそうです。さらにスプレッドは何と0.5銭!(PFX, 10時~翌日4時)と、ドル円並みの低スプレッドでサービス開始予定です。

トルコ、メキシコともにいわゆる新興国で、これらの国の通貨はエマージェンシー通貨とよばれており、政局不安等のリスクによって暴落の可能性もありますので、危険を十分に理解した上での取引が必要です。

個人的にはエマージェンシー通貨よりも、原油CFD株価指数CFD、VIX(恐怖)指数ベースの米国VIブル2倍CFDなどの方が、低リスクで確実に儲かると思っていますが、トルコリラ、メキシコペソが暴落した際にだけ、連続予約注文機能でロングポジションを拾ってトラリピ的に運用しながら、同時にスワップ収入も楽しむという運用も面白いかもしれません。

 

【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

【CFD】安定して年利30%が狙えるVIX指数売りの魅力

【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

おすすめ記事一覧

1
【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

この記事の目次1 FTSE100とは?2 イギリスはやばくないのか3 どうしてFTSE100なのか4 FTSE100の構成銘柄5 投資する金融商品は?6 安全な運用6.1 過去最安値まで下落しても大丈 ...

2
【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

この記事の目次1 米国VIブル2倍CFDの魅力2 VIX指数とは3 米国VIブル2倍CFDはなぜ下がり続けるのか?3.1 レバレッジETFの特徴(レバレッジ減価)3.2 先物は次第に価格が下落(コンタ ...

3
【CFD】原油CFDの魅力

原油CFDとは、WTI原油先物を取引できるCFDのことです。 WTI(West Texas Intermediate)とは、西テキサス地方の中質原油という意味で、このあたりの原油は硫黄分の含有量が少な ...

4
【CFD】株価指数CFDの利回りをFXと比較してみた

この記事の目次1 株価指数CFDの利回り2 FXとの比較3 まとめ ダイヤモンド社のザイFX!でも紹介されていますが、株価指数CFDはどの程度儲かるのでしょうか? クロス円通貨でいうとどのあたりの通貨 ...

5
【FX】トラリピ業者はどこを選ぶ?

この記事の目次1 マネースクウェア・ジャパン「トラップリピートイフダン®」1.1 株価指数もトラリピ可能2 マネーパートナーズ「連続予約注文」3 インヴァスト証券「トライオートFX」4 外為オンライン ...

-FXで資産運用, スワップ運用, トラリピにおすすめのFX業者

Copyright© のんびりFX研究室 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.