CFDで資産運用 VIX指数

【CFD】米国VIブル2倍ETFの建玉併合がありました

投稿日:2017/7/15 更新日:

米国VIブル2倍ETFの建玉併合

以前の記事(米国VIブル2倍ETFの魅力)で紹介した、VIX指数の日々の値動きの2倍に連動する「米国VIブル2倍ETF」をCFD取引できるGMOクリック証券から「建玉の併合」のお知らせがありました。

────────────────────────
【GMOクリック証券】CFD取引
[コーポレートアクション]建玉の調整について
────────────────────────
お客様の保有されているCFD銘柄のうち、コーポレートアクションのため、数量および価格の調整があった銘柄がございます。
コーポレートアクションの適用日の取引終了後に数量および価格を調整しておりますのでご確認ください。

CFD銘柄名 :米国VIブル2倍ETF
コーポレートアクション :併合

以前の記事でも下記ましたが、米国VIブル2倍ETFはその性質上、長期的には値下がりする銘柄なので、どんどん下がります。

ある程度まで下がると「底」が見えてくるので、それを防ぐために「併合」が行われます。「併合」とは、何株かを併せて1株にまとめることを言います。

GMOクリック証券のアナウンスでは、2017年7月14日に4:1の併合が行われることになっています。つまり4つの建玉を1つにまとめるということです。

併合前後のポジション変化(私の建玉を例に)

下記は7月14日朝8時の時点での売りポジションです。建玉数量:100、平均建値:9.64になっています。
(クリックで画像拡大)

上記ポジションで7/14の営業終了まで持ち越した後のポジションは下記のようになりました。
建玉数量:25(=100÷4)、平均建玉:38.56(=9.64×4)になっていますので、建玉数量が1/4、建値の平均が4倍になっていることが分かります。
(クリックで画像拡大)

建玉の数量と価格の変化の関係から併合の前後では損益に変更はありません。
システム上は、旧価格のポジションを強制決済して、新価格で新たにポジションを建てているようですね。
(クリックで画像拡大)

米国VIブル2倍ETFのCFDで毎日どのくらい儲かる計算になるのか

2017年7月14日の1日のポジション変化を見ていただくと、含み益が約3600円(約33ドル)増加しています。

新価格に換算して、1日で132pips値下がりしており、1pips=0.01ドルなので、25枚のポジションで33ドルの利益ということになります

では、平均してどのくらいのpipsが稼げるのでしょうか?

約半年前の2017年1月17日の価格と比較してみましょう。下記のチャートはこの半年の値動きになりますが、この半年で、124から34と約9000pipsの下落です。

半年を180日として、ざっくり計算すると、9000pips÷180日=50pips/日となり、平均して1日あたり50pipsも値下がりしており、なかなか魅力的な銘柄だと思います。

平均して常に下がっていますので、早く始めるほど利益獲得の機会があるということですね。

米国VIブル2倍ETFのCFDを取引できる証券会社は?

「米国VIブル2倍ETFをCFD」で取引できる証券会社は、国内では、GMOクリック証券だけです。

今ならFX口座開設と取引で最大30000円のキャッシュバックキャンペーンをやっています。

さらにCFD口座も開設+取引で、2000円がもらえるキャンペーン中です。

基本情報

ETF銘柄名称プロシェアーズ・ウルトラVIX短期先物ETF
ティッカーコードUVXY
種類バラエティCFD
値動き2倍
レバレッジ5倍
取引単位1倍
取引時間22:30~翌5:00
必要証拠金770円
金利調整額(1日あたり)売り:-0.19円/買い:-0.44円
権利調整額あり

 

GMOクリック証券CFD

【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

【CFD】安定して年利30%が狙えるVIX指数売りの魅力

【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

おすすめ記事一覧

1
【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

この記事の目次1 FTSE100とは?2 イギリスはやばくないのか3 どうしてFTSE100なのか4 FTSE100の構成銘柄5 投資する金融商品は?6 安全な運用6.1 過去最安値まで下落しても大丈 ...

2
【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

この記事の目次1 米国VIブル2倍CFDの魅力2 VIX指数とは3 米国VIブル2倍CFDはなぜ下がり続けるのか?3.1 レバレッジETFの特徴(レバレッジ減価)3.2 先物は次第に価格が下落(コンタ ...

3
【CFD】原油CFDの魅力

原油CFDとは、WTI原油先物を取引できるCFDのことです。 WTI(West Texas Intermediate)とは、西テキサス地方の中質原油という意味で、このあたりの原油は硫黄分の含有量が少な ...

4
【CFD】株価指数CFDの利回りをFXと比較してみた

この記事の目次1 株価指数CFDの利回り2 FXとの比較3 まとめ ダイヤモンド社のザイFX!でも紹介されていますが、株価指数CFDはどの程度儲かるのでしょうか? クロス円通貨でいうとどのあたりの通貨 ...

5
【FX】トラリピ業者はどこを選ぶ?

この記事の目次1 マネースクウェア・ジャパン「トラップリピートイフダン®」1.1 株価指数もトラリピ可能2 マネーパートナーズ「連続予約注文」3 インヴァスト証券「トライオートFX」4 外為オンライン ...

-CFDで資産運用, VIX指数

Copyright© のんびりFX研究室 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.