FXで資産運用 トラリピにおすすめのFX業者

【FX】トラリピ業者はどこを選ぶ?

投稿日:2017/5/21 更新日:

トラリピは、本家であるマネースクエア・ジャパンが特許を持っている発注方法ですが、他にも似たようなリピート系の発注ができるFX業者があります。

ここではリピート系発注機能を提供している主だった業者について紹介します。

マネースクウェア・ジャパン「トラップリピートイフダン®」

リピート系発注機能の元祖FX業者です。トラリピ(トラップリピートイフダン)は特許を取得しています。

想定レンジと設定するイフダン注文の本数、1つの取引数量、利益幅、(損切りレート)を簡単に設定できます。

マネースクウェア・ジャパンのメリットは

  • セミナーやホームページが極めて充実している
  • リピート系発注機能を提供しているFX業者のなかでは、最も使いやすく初心者向け
  • FXだけでなく、CFDについてもトラリピが可能

デメリットは

  • 他社に比べて手数料が高くスプレッドが広いので取引コストが高い
  • 普通のFX取引業者に慣れていると用語が異なるため、中級者以上にはわかりにくい

ことが挙げられます。

メリット・デメリットありますが、FX以外の投資商品で資産形成を行ってきた方が、FXのリスクを回避しながらゆったり資産形成を行っていただきたいというコンセプトを感じます。

株価指数もトラリピ可能

さらに、マネースクウェア・ジャパンでは、株価指数のトラリピも可能です!

詳細は以下の記事が参考になります。


マネーパートナーズ「連続予約注文」

マネーパートナーズの「連続予約注文」は、あらかじめ、新規売買価格と決済価格指定する注文を、最大20件まで一度にセットできます。

ひとつめの注文が完了(新規→決済)したら、ふたつめの注文が有効になりあす。

1回分の証拠金で20回までリピート可能です。

マネーパートナーズのメリットは

  • スプレッドが狭い(米ドル円のスプレッドは0.3銭)
  • 100通貨から取引可能
  • 取扱い通貨ペア数が多い(16種類)

デメリットは、

  • 新規注文は指値のみ、逆指値は不可
  • リピートは20回までに制限される

になります。逆指値が出来ないのはつらいですが、取引コストがの圧倒的安さは魅力的です。

インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券の「トライオートFX」はリピート系発注機能も使えるスペックの高いトレード口座です。

マネーパートナーズと同様、米ドル円のスプレッドは0.3銭原則固定

リピート系発注機能を組み合わせた「仕掛け」と呼ばれる自動売買プログラムを選択して運用もできます。

トライオート

外為オンライン「iサイクル注文」

外為オンラインの「iサイクル注文」は細かい注文の設定ができないので、他のリピート系発注機能に比べると自由度が低いです。

初めてリピート系発注機能を試すのであれば、他社のツールを試したほうが良いでしょう。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FXブロードネット「トラッキングトレード」

FXブロードネットは、外為オンラインの「iサイクル注文」のライセンス供与を受けており、仕様は「iサイクル注文」と同じです。

米ドル円のスプレッドが0.3銭原則固定なので、米ドル円メインでトレードしている人はFXブロードネットがおすすめです。

アイネットFX「ループ・イフダン」、ライブスター証券「iサイクル注文」も、FXブロードネット「トラッキングトレード」同様、外為オンラインのライセンスを受けており、仕様は「iサイクル注文」と同じです。

シストレi-NET

FXブロードネット

YJFX!「リピートトレール注文」

YJFX!の「リピートトレール注文」は他社のリピート系発注機能とはちょっと違います

他は買いだったら買い、売りだったら売りと一方向に複数の注文を設定しますが、リピートトレール注文はドテンします。

買いポジションを利食いしたらそのまま売りの新規ポジションを持つ。売りポジションを利食いしたらドテンして再び買いポジションという感じです。

他社のリピート系発注機能とは異なり、バックテストによると余り儲からないという評判も聞きます。

【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

【CFD】安定して年利30%が狙えるVIX指数売りの魅力

【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

おすすめ記事一覧

1
【CFD】20年で資産が40倍になるくりっく株365のFTSE100

この記事の目次1 FTSE100とは?2 イギリスはやばくないのか3 どうしてFTSE100なのか4 FTSE100の構成銘柄5 投資する金融商品は?6 安全な運用6.1 過去最安値まで下落しても大丈 ...

2
【CFD】米国VIブル2倍(VIXレバ2倍)ETFの破壊力

この記事の目次1 米国VIブル2倍CFDの魅力2 VIX指数とは3 米国VIブル2倍CFDはなぜ下がり続けるのか?3.1 レバレッジETFの特徴(レバレッジ減価)3.2 先物は次第に価格が下落(コンタ ...

3
【CFD】原油CFDの魅力

原油CFDとは、WTI原油先物を取引できるCFDのことです。 WTI(West Texas Intermediate)とは、西テキサス地方の中質原油という意味で、このあたりの原油は硫黄分の含有量が少な ...

4
【CFD】株価指数CFDの利回りをFXと比較してみた

この記事の目次1 株価指数CFDの利回り2 FXとの比較3 まとめ ダイヤモンド社のザイFX!でも紹介されていますが、株価指数CFDはどの程度儲かるのでしょうか? クロス円通貨でいうとどのあたりの通貨 ...

5
【FX】トラリピ業者はどこを選ぶ?

この記事の目次1 マネースクウェア・ジャパン「トラップリピートイフダン®」1.1 株価指数もトラリピ可能2 マネーパートナーズ「連続予約注文」3 インヴァスト証券「トライオートFX」4 外為オンライン ...

-FXで資産運用, トラリピにおすすめのFX業者

Copyright© のんびりFX研究室 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.